HOME > マインドマップについて

マインドマップとは?

マインドマップとは、トニー・ブザンが提唱した、
自分の考えを絵で整理する表現方法 で、脳の思考を開放するといわれている「放射思考」に基づいて考案された、従来とは全く違うノート術・発想術
のことです。

基本は教科書の落書き

基本は教科書の落書き
子どもの頃、あなたもラクガキをしたことありますよね。

家の壁やタンスにラクガキして怒られたり、退屈な授業中ノートや教科書に先生の顔や関係のない絵を描いたり・・・

どんなに絵が苦手な人でも一度は経験があるはずです。
そのラクガキをちょっと思い出してみてください。

肝心の授業や教科書の内容はすっかり忘れていても、教科書やノートに描いたラクガキだけはしっかり覚えていたりしませんか?

なぜ、ラクガキだけ覚えているのかというと、それは 頭脳にとって「面白い」「楽しい」経験だからです。

「面白い」「楽しい」経験を利用

「面白い」「楽しい」経験を利用
脳の仕組みを簡単に説明すると、

「面白い」「楽しい」経験は、脳が気持ちよくなって記憶力や創造力、集中力がアップします。
逆に「つまらない」「退屈な」経験は、脳が不快になって、すぐ忘れたり、飽きたり、眠くなったりします。

マインドマップとは、まさにこの「脳の仕組み」を生かした、
子どもから大人まで使えるクリエイティブなツールなのです。

「絵」で表現するマインドマップの考え方

「面白い」「楽しい」経験を利用
「絵」を用いた精神分析や様々なカウンセリングが行われていることはご存じですか?

これは、「絵」は心と密接にかかわっており、色や形など、多様な表現をする事ができる為、自分の考えを表現するには最高の手段だからです。

この「絵」を利用する事で今までのノート術や様々なセミナーなどでは獲得できなかった「天才になる方法」を見つけることができます。

これは従来のノート術では、本1冊をまとめるのに何ページも記述が必要だったり、セミナーを聞いても結局心の整理が出来ていなかったのが、「絵」を用いたマインドマップを使えば1枚の紙に短時間でまとめることができるようになります。

単に便利なノート術としてだけではなく、マインドマップを使うことで、発想力や創造力が磨かれ、より高度な考えの整理法、記憶力、直感力、集中力、人を察する力を身につけることができます。

マインドマップで出来ること

マインドマップを利用することで様々な効果を得ることができます。例えば・・・

「面白い」「楽しい」経験を利用
  ・記憶力、集中力アップ
  ・クリエイティビティー(創造力)アップ
  ・インスピレーション(直感力)アップ
  ・目標計画を立案する力、達成する力をつける
  ・コミュニケーション力、交渉力をつける
  ・優れたプレゼンテーションレポートを作成する力をつける
  ・自分で考える力学習力をアップ
  ・書籍、ブログ、メルマガなどの執筆力をつける
  ・人を思いやる力
  ・キャリア人生のコントロール

あなたは何に役立てますか?

マインドマップを導入している企業

マインドマップを利用することで様々な効果を得ることができます。例えば・・・

マインドマップを導入している企業
  ・ルイヴィトン社
  ・ウォルトディズニー社
  ・マイクロソフト社
  ・コカコーラ社
  ・IBM社
  ・ボーイング社  ・・・etc

欧米では、マイクロソフト社のビルゲイツ自身をはじめ、ルイヴィトン社、ウォルトディズニー社、IBM社、ボーイング社などのビジネスの現場でも効果的に採り入れられている手法です。


マインドマップ提唱者のトニー・ブザンについて

マインドマップを導入している企業

提唱者のトニー・ブザンは、マインドマッピングについて12のルールを定めており、「それに従っていないものはマインドマップとは呼べない」と主張している。しかし現実には、このルールに従っていない自称「マインドマップ」が、書籍などでも数多く流通しています。

この初心者のためのマインドマップはトニー・ブザン公認のマインドマップであり、皆さんにこの素晴らしさを体験していただきたく思っております。

メルマガ登録希望の方は下にメールアドレスを入力してください
  
  読者登録規約    
携帯でのメルマガ登録希望の方はこちらをクリックしてください↓↓
携帯メルマガのご案内
  • QRコード