イメージワーク(時間退行) | マインドマップの書き方・事例集 | 初心者のためのマインドマップ

HOME > マインドマップの書き方・事例集 > イメージワーク(時間退行)

マインドマップの書き方・事例集

「イメージワーク(時間退行)」についてのマインドマップ

「講座・セミナー」のマインドマップ

カテゴリ

実際にマインドマップ講座を受講された方の事例を紹介します。


イメージワーク(時間退行)

↑クリックすると拡大します


「島津 加末也」さんより


先日、潜在能力開発教室のイメージワークで時間退行を習いましたので、退行催眠について簡単にまとめてみました。

催眠術なんていうと、つい怪しい物だと思われがちです(^^ゞ

僕も以前は、昔見たテレビで、催眠術にかかった人が鶏になったり、変な指令を受けて人に操られていたのを見て、これが催眠術だと思っていました(笑)

しかし、アレは催眠ショーであって、本当の催眠術ではありません・・・
だって、アレは操られているんじゃなくて、本人が乗り気でやっているんですものσ(^◇^;)

催眠状態に入ると、ボーッとするどころか、逆に意識は冴え渡ってますので、人から命令されても、自分が嫌だと思ったら抵抗する事が出来るハズです(^_^;)

催眠状態というのは、瞑想状態に似たとても深いリラックス状態だと僕は思っています。

退行催眠はイメージトレーニングの中でも深い状態に入りますので、普通なら思い出せない、幼少の頃の記憶まで結構思い出せる場合も多いんです。

僕もまた退行催眠を受けたいと思っていたのですが、退行催眠は時間がかかる分、料金も結構高いんです。

今回は授業でその方法を教えて貰いましたので、しばらく一人で退行催眠の練習をしていこうと思います。


掲載にご協力ありがとうございます。







メルマガ登録希望の方は下にメールアドレスを入力してください
  
  読者登録規約    
携帯でのメルマガ登録希望の方はこちらをクリックしてください↓↓
携帯メルマガのご案内
  • QRコード