児童虐待防止ブック | マインドマップの書き方・事例集 | 初心者のためのマインドマップ

HOME > マインドマップの書き方・事例集 > 児童虐待防止ブック

マインドマップの書き方・事例集

「児童虐待防止ブック」についてのマインドマップ

「親子・家族・コミュニケーション」のマインドマップ

カテゴリ

実際にマインドマップ講座を受講された方の事例を紹介します。


児童虐待防止ブック

↑クリックすると拡大します


「田中雅美」さんより


B6程度のサイズで見開き6ページくらいのパンフレットですが、読書マップのやり方で、キーワードだけを抜き出して読んでみました。

読後かなり時間がたってからMMに起こしましたが、意外と覚えているものでした。
MMはいろいろ使えて本当に便利なんですねぇ…とこれは感想でした。


テーマは、児童虐待防止ブック

セントラルイメージは、虐待と救いをイメージして。

感想は、MMってすばらしい!です。


このマップをもとにダンナと家族会議を開きました。

虐待自体はないけれど、親のサインのところで疲れて~イライラ~とか、配偶者非難とかドキッするよねと話し合いました。

幸い(?)子どもサインには当てはまらないので、まぁ大丈夫かな…と。


ダンナさまに口頭で話をすると、軽く流されてしまうのですが、MMがあるだけで「話し合いの場」になりました。やはりMMってすばらしいです!


掲載にご協力ありがとうございます。







メルマガ登録希望の方は下にメールアドレスを入力してください
  
  読者登録規約    
携帯でのメルマガ登録希望の方はこちらをクリックしてください↓↓
携帯メルマガのご案内
  • QRコード