トニー・ブザン | マインドマップとは? | 初心者のためのマインドマップ

HOMEマインドマップとは? > トニー・ブザン


マインドマップの『トニー・ブザン』について

マインドマップに関わる人物

カテゴリ


トニー・ブザン(Tony Buzan、1942年6月2日 - )は、イギリスの著述家。

人間の創造性、記憶力、学習をめぐる著述活動を行っており、多数の著書がある。

また、「マインドマップ」と名づけたブレインストーミングの手法を発明したことで知られ、世界各地でその普及活動を行っている。

トニー・ブザンはロンドンで生まれ、心理学、アメリカ文学、数学を大学で学んだ後、学術ジャーナリストとして活動した。
1960年代には、メンサ・インターナショナルの国際的な機関誌の編集に携わり、その仕事が元でBBCの教育番組の企画の相談を受け、その際のアドバイスを元に自分で一冊の本を執筆したのが、彼の本『頭が良くなる本』(Make the Most of Your Mind, 1977年)である。
以来、この方面の番組、セミナーなどに多数出演している。

トニーの兄に、彼の主著である『ザ・マインドマップ (原題:The Mind Map Book)』を共著した国際政治学者のバリー・ブザンがいる。

著書
『記憶の法則』東京図書 1991年
『頭がよくなる本』東京図書 1997年
『自分を天才だと思える本 HEAD FIRST』きこ書房 2002年
『ザ・マインドマップ』ダイヤモンド社 2005年




マインドマップの描き方

■ 参考図書

「ザ・マインドマップ」 ザ・マインドマップ





■ 最新の記事

仕上げ

物語を語る

熟成



メルマガ登録希望の方は下にメールアドレスを入力してください
  
  読者登録規約    
携帯でのメルマガ登録希望の方はこちらをクリックしてください↓↓
携帯メルマガのご案内
  • QRコード