ミニ・マインドマップからわかること | マインドマップとは? | 初心者のためのマインドマップ

HOMEマインドマップとは? > ミニ・マインドマップからわかること


マインドマップの『ミニ・マインドマップからわかること』について

ミニ・マインドマップ

カテゴリ


ミニ・マインドマップで、前記の結果「ありがとう」以外のほかの言葉を使って実験してみても、結果は「ありがとう」の時と似たような結果になります。

たとえば、「走る」という言葉。

このミニ・マインドマップ実験のメンバーは40歳から55歳の銀行のシニアマネージャー4人で、全員似たような経歴の持ち主でした。

この時のミニ・マインドマップの実験結果では、予想どおり、4人のメンバー全員に共通の言葉はありませんでした。

この実験結果を受けて、「走るという言葉にはあまり関心がないので意味がない。4人がともに関心を持つものを選べば、一致する言葉も多くなるのではないか」と考えたそのメンバーは、今度は「お金」という言葉を使って、ミニ・マインドマップの実験を試みました。

ところが、一致する言葉はもっと少なかったのです。

このことから、教育を受けた人ほどクローンみたいになってしまうという考え方が誤解であり、教育を受けた人ほど、連想の回路が大きくなり、個性的であることがわかります。




マインドマップの描き方

■ 参考図書

「ザ・マインドマップ」 ザ・マインドマップ





■ 最新の記事

仕上げ

物語を語る

熟成



メルマガ登録希望の方は下にメールアドレスを入力してください
  
  読者登録規約    
携帯でのメルマガ登録希望の方はこちらをクリックしてください↓↓
携帯メルマガのご案内
  • QRコード