グループ・マインドマップを使うケースと実用例 | マインドマップとは? | 初心者のためのマインドマップ

HOMEマインドマップとは? > グループ・マインドマップを使うケースと実用例


マインドマップの『グループ・マインドマップを使うケースと実用例』について

グループ・マインドマップ

カテゴリ


グループ・マインドマップは次のようなときに使用できます。

●共同作業による創作

●共同作業による記憶再生

●グループによる問題解決と分析

●グループによる意思決定

●グループによる企画運営

●グループによる研修もしくは教育


近年、家庭や学校、大学、企業などでグループ・マインドマップを用いて、大きな成果をあげている例が数多くあります。

ボーイング社では、技術マニュアルを長さ約8メートルのマインドマップにまとめています。

その結果、従来であれば数年かかった上級航空技師チーム100人の研修を、わずか数週間に短縮することに成功し、約1100万ドルのコストが削減されました。

エレクトロニクス・データ・システム社、デジタル・エクイップメント・コーポレーション、ナビスコでは、最大120名にもなる上級職の特別研修を、グループ・マインドマップおよびマインド・マッピング・オーガニック・スタディ・テクニック(MMOST)を用いて行っています。

書籍4冊から6冊分の情報量に相当する内容の研修に要する時間はわずか1日で、受講者は情報をマインドマップ化することによって、理解し、統合し、総括した上で、各々の職務場面へ関連づけています。

また、オックスフォード大学、ケンブリッジ大学では、エドワード・ヒューらの学生がグループ・マインドマップを利用して、学習時間を最小限に抑えながらも、試験ではほぼ最高レベルの結果を得ています。




マインドマップの描き方

■ 参考図書

「ザ・マインドマップ」 ザ・マインドマップ





■ 最新の記事

仕上げ

物語を語る

熟成



メルマガ登録希望の方は下にメールアドレスを入力してください
  
  読者登録規約    
携帯でのメルマガ登録希望の方はこちらをクリックしてください↓↓
携帯メルマガのご案内
  • QRコード